転職は若い内に行う理由

 

こんにちは@vip___pです。

転職は若いうちに行う理由を知っていますか?

仕事を辞めるにしても最低3年働かないといけないとイメージがあったりしますよね。

私もそうでした。

しかし私は以前の仕事を1年程度でやめていますが、特に問題はありませんでした。

むしろ3年も働かないで良かったと思っています。

今回は転職は若いうちに行う理由をまとめています。

実際に転職を検討している方や内容に興味がある方は是非参考にしてください。

転職は若いうちに行う理由

転職は若いうちに行う理由をまとめています。

興味がある方は是非参考にしてください。

年齢と共に市場価値が下がっていく

市場価値が年齢と共に下がっていきます。

市場価値とはあなたの経験やスキル・人間性でどれほど価値があるのかといったものです。

その市場価値が年齢と共に下がっていくわけです。

20代30代と年齢を重ねるごとに未経験の分野に転職をすることはかなり勇気がいることになってくるでしょう、

会社としても採用するにあたって長年腰を据えて働いていくれる人材を当然募集します。

大企業になるにつれて採用にかかるコストも高くなるので当然です。

また若い人材だと技術的なことよりもポテンシャル採用されやすいです。

転職するなら早めに行うことをお勧めします。

業界によって働き方は異なる

業界によって働き方が異なります。

休日日・数残業時間や大まかな年収ベースといったものも決まっています。

(会社により多少違いますが。)

例えば建築業界だと休日数が少ないところが多く、土曜日は働いていることがほとんどです。

なぜなら現場が土曜日もあり職人さんが働いているからですね。

また運送業界も似たようなものです。

土曜日や日曜日にもトラックが走っているのをみたことはありませんか?

運転手だけではなく、配車職といった方がフォローし運行しています。

ですから当然休みは少なくなり、残業時間も多い傾向にあるわけですね。

あなたが違う業界に転職をしたいと決意した時にはできない可能性もあります。

もし今の業界に不満があるのであれば違う業界を調べてみることから始めてみてはいかがでしょうか?

時間は有限

時間は有限です。

冒頭で触れましたが私も1年程度で会社を辞めています。

私の場合は準備を怠ったため少し苦労しました。

ですが後悔していません。

もともと残業が多い会社でだらだらと働き残業代を稼いで生活費を稼ぎ家族を養うことができない会社でした。

当然土曜日も出勤していました。

正直入社当初から続かないだろうと思っていました。

実際働きだすともっと休みが欲しく残業が少ない会社に入りたいと思い、転職を決意しました。

エンジニアの転職活動を行いましたが特にそこについて触れられることはありませんでした。

ですから早期退職しても問題ないです。

なかなか転職できない方の特徴

なかなか転職できない方の特徴について触れていきます。

実際に私の友人にも何人かいてます。

その内容について触れていきましょう。

人で不足でやめることができない

よくあるのが人で不足でやめることができないといった内容です。

実際私も運送業界で働いていたので同じでした。

しかし何もしないことには、らちが明かないのでいやいや上司に退職の意思を伝えました。

ですが退職できたのは半年後です。

理由として考えられるものを上げていきます。

  • 新卒だから
  • 上司の立場的に悪い
  • 現場が回らない
  • 人で不足
  • 他の社員に負担がかかる

ざっくりこのような内容です。

最終的に上司から伝えられた内容も人で不足だから人員が補充されるまで待ってもらえないかとのことでしたが最終的には半年たっても補充されることなく退職しました。

実際人で不足で仕事が回らなく退職することができない人も多いのではないのでしょうか。

そんな中退職することは無責任だと上司から言われているかもしれません。

しかしあなたの人生ですし時間を消費するのはもったいないと思います。

実際に仕事がつらく自殺している方も数人知っています。

ですのでまずはあなた自身のことを優先してみてはいかがでしょか?

本当につらいくなれば会社に行く必要もありませんしそのような方を何人か知っています。

ですから人手不足が理由で会社を辞めることができない人は言い訳だと思います。

次の仕事が決まっていない

次の仕事が決まっておらず退職することができない方も中に入ると思います。

残業が多い会社や休日出勤が多い会社だとそのような方ばかりではないでしょうか。

余裕のある方はある程度期限を決めて行動することをお勧めします。

当然準備は行ったほうが良いですし、転職活動もスムーズに進むでしょう。

しかし準備がなくても問題ありません。

1年以上働いていていたら失業保険が3か月後給付されます。

その期間に仕事を探しても転職に不利に働くことはありません。

ですから次の仕事が決まっていなくても仕事を辞めることはできます。

上司が辞めることを認めてくれない

上司がやまることを認めてくれない人もいるのではないのでしょうか。

私も似たようなものです。

特に新卒で入社した会社だと特に多いのではないでしょうか?

入って数年でやめるとなればその部署はどうなっているのか?となりますね。

上司もある程度すんなり退職させてくれるはずもありません。

私も何度も上司と話をしました。今となればよくやったなと思います。

今では退職代行サービスもあるので活用しない手はありませんね。

あんな面倒な思いをするなら私は利用すると思います。

解決策としては

  • 上司の上司に伝える
  • 退職代行サービスを利用する
  • 根気よく上司を説得する

などがあるので、参考にしてください。

まとめ

若者のうちに退職する理由を上げました。

退職をして転職活動をするにはそれなりの労力がかかります。

退職する人の後押しになれば幸いです。

時間があったからといってマルチ商法などには手を出さないでくださいね。

アリックスで借金を背負って始めるのはやめよう

借金を背負って始める方が多いので紹介しておきます。

興味がある方は是非参考にしてください。