歯列矯正をして海外旅行に行く事は可能なのか?

2019-08-25

 

矯正装置をつけたまま海外旅行に行って何の問題もないのかとふと疑問に思いました。

もし何か問題が生じても困りますよね。

 

今回は歯列矯正をしたまま海外旅行に行く事は可能なのかをまとめました。

 

 

矯正装置をつけたまま海外旅行は可能か?

結論は可能です。

矯正装置をつけたまま海外旅行に行く事は特に問題が無いそうです。

矯正装置を付けて1~2ヶ月は旅行に行かない方が良いかも知れません。

歯の痛みや装置にも慣れていないので旅行を充分に満喫できないかも知れません。

 

もし装置の一部が外れたとしても帰国してから装置を付ける事になります。

装置が簡易的な外れた場合は自分で治す事も可能です。

歯医者さんにも事前に確認することをお勧めします。

 

 

 

注意点

注意点は装置のメンテナンスの時期を考慮した方が良いです。

メンテナンス直後だと歯が痛く現地での料理を満足に食べることができないと思います。

ですからメンテナンスの時期は1週間程度あけ旅行に行った方が良いですね。

 

 

また歯列矯正を始めたばかり、又は矯正を始める前だと装置にも慣れておらず、不便に感じる事が多いと思います。

抜歯後だと痛みや歯茎の腫れなども起こるかも知れません。

抜歯後だと歯茎に穴が空き食べ物が詰まってしまう可能性もあります。

 

また慣れない歯磨きや装置のストレスなども感じやすいはずです。

可能であれば治療の開始時期をずらしてもらうことが可能か確認した方が良いですね。

 

まとめ

 

歯列矯正をしていても海外旅行に行く事は可能です。

最初の2〜3ヶ月は旅行に行かない方が無難ですね。

最初の頃は装置に慣れていないからです。

 

もしも不安なことがあるなら歯医者さんに確認することをお勧めします。

何かあった時の対処法なども教えてもらえるかも知れません。

 

 

 


人気ブログランキング