新入社員の名刺入れおすすめは? コードバンを2年経過

2019-10-24

新入社員の名刺入れは何が良いか悩んだことはありませんか?

私も名刺入れを選ぶときに悩みました。

これは私の入社前の話ですが営業職につきたかった私は名刺入れをどれにするか悩みました。

しかも新卒で名刺入れなど持ったことのない私。不安でしかないです。

今思えば、そこまで深く悩まなくてよかったのですが。(笑)

当時実際に悩んだ内容は

  • 派手すぎるものはまずいのか(デザインや見た目)
  • 高価なものを使用して良いのか
  • 上司と被ったらどうしよう

このような内容でした。

今回は新入社員にお勧めの名刺入れは何かをまとめています。これから会社に就職する方や名刺入れをまだ持っていない方は是非参考にしてください。

ビビりな私は、派手すぎる名刺入れっては最初使うのが勇気がいるしなんか言われたら嫌だったので地味なものにしようと決意。

せっかくなので長く使えるものを購入したいと思いました
使用して買い替えたりするのって、コスパが悪いですよね。

 


辞めたほうが良い名刺入れ

私が辞めたほうが良いと思う名刺入れをいくつかご紹介します。

当然だと思うことや入社してから分かったこともあるので是非参考にしてください。

ハイブランドの名刺入れ。

要は高級品の名刺入れはやめたほうが良いでしょう。

ヴィトンやグッチなどは当然おしゃれなものもあると思いますが、新入社員でハイブランドの名刺入れを持っていたら驚かれます。

また質の悪い上司より高級品を持っていたら何を言われるかわかりませんね。

また営業職の方も避けたほうが無難だと思います。

ですからハイブランドの名刺入れは避けたほうが良いのかもしれません。

ポールスミスの名刺入れ

ポールスミスが嫌いだから言っているわけではありません。

ポールスミスは確かにおしゃれで丁度よい金額です。

あくまで個人的意見ですが、名刺入れを持っている人が多い印象があります。

私の友人にも2人持っていて、前にいた会社の上司も名刺入れはポールスミスでした。

人気な商品だからこそ多くの人が持っていますね。

知り合いの名刺入れと被るのが嫌な方は避けておいたほうが良いでしょう。

気になさらない方はポールスミスでもよいと思います。

個性あふれる派手な名刺入れ

ネットで商品を選んでいるとたまに派手な名刺入れを見つけることがありますが、無難に避けたほうが良いでしょう。

ファッション系やラフな仕事をする方はまだわかりますが、商社やメーカーで仕事をする方は無難な名刺入れで良いと思います。

本当に個性あふれる名刺入れが欲しい方はある程度の役職についてからか仕事に慣れて数年してからのほうが良いでしょう。

新入社員に派手な名刺入れはハードルが高すぎると思います。

実際に買った名刺入れは?

悩みに悩んでたどり着いた名刺入れが

・ココマイスター コードバン約 3万円

ココマイスター公式サイト

名刺入れにしては高価ですが長く使えるということで購入を決意。

日割り計算にしたら安いので購入しやすくなりました。長年働く人にはお勧めできる商品です。

『私は会社をすぐに辞めたので日割りなんて意味がなかったのですが(笑)』

もし転職する機会や十数年後に役職が変わったりしても、

このコードバンの名刺入れは生涯使える代物となっています。

牛革よりも強度が高いため長年利用でき、使用し続けることでコードバンの良さが出てくることから『皮のダイヤモンド』とも呼ばれておりとてもおすすめの商品です。

コードバンについて説明します。

そもそもコードバンってなに?

コードバンとは別名[革のダイヤモンド][皮の王様]などと称されています。

強度は、牛革の3〜5

すごく強度があります。

シミや、汚れ、非常に長期にわたって使用し続けることが可能です。手入れをすれば生涯使用できと言われています。

また一頭からの採取量が少なく馬の尻部からとれる貴重なレザーです。

ココマイスターの通販では品切れ状態が続く事もあります

コードバンを採取できる馬が減っている事もあり高価で常に品薄状態です。私はネットで売り切れていたので実際に店舗で購入しました。

また長年の変化を楽しみながら使用できる一品です

コードバンの短所は

水に弱いので雨の日などは特に注意してください。

最初細かな傷は目立ちやすいです。

メンテナンス用品も購入しているので楽しみです

色々探しましたがやはり最後にたどり着いたクリームがこれ!

クリームの伸びが良くマットな質感の革に仕上がります。

クリームを塗ると、ほんのり香ってくる匂いがすきです

変化を楽しむコードバンなのでメンテナンスも楽しみの一つです。

1年後

悩みに悩んだ名刺入れですが、その理由はもちろん営業職で使用すると思っていたからです。

しかし営業職希望で入社したのですが、蓋を開けてみると営業職ではなかったので、ここまで悩む必要はなかったんですよね(笑)

なんか空振りした気持ちです(笑)

まあ生涯は使用する予定なのでメンテナンスだけは怠らないようにしていきます。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村