筋トレで一週間のメニューの作成方法と実施した方法について紹介する

こんにちは管理人です。

今回は筋トレの一週間のメニューの決め方について触れていきます。

筋トレをし始めて、数か月経過すると一週間のメニューが自然と決まってくるはず。

ですが冷静に考えてみると行っていない種目などもあり、偏りがちなメニューなりがちですね。

また一週間のメニューを行う上で 考慮する点を忘れると

思うようなトレーニングを行うことができず強度や頻度が減ってしまう可能性があります。

なので今回の記事は筋トレの一週間のメニューの作成方法や私が意識をしている内容などを紹介していきます。

なのでこんな感じの方は是非参考にしてください。

  • 筋トレをしている方
  • 筋トレ初心者
  • 他人のメニューに興味がある方

筋トレ1ヶ月後の重量や変化をまとめてみた。

筋トレ1年間の変化

筋トレ1週間のメニューの作成方法と実施のコツ

筋トレ1週間のメニューの作成方法コツを紹介します。

初心者の方やなんとなくメニューを実施した方は是非参考にしてください。

メニューの大枠を決める

youi

メニューの大枠を決めましょう。

何事も大枠を作ることは重要です。

大体流れを作ることで、1週間のメニューを覚えることが可能です。

あくまで大枠の流れなので、変動しても対応できる特徴があります。

大枠の流れとしてはこんな感じ。

胸→背中→腕→肩→足

私は大体こんな感じ。

コツは同じ個所に負荷がかからないようなトレーニング

同じ個所を使用しないような

筋トレメニューの作成を行う必要があります。

 

悪い例

悪い例を挙げるとしたら、足→背中とか。

スクワットをした翌日にデッドリフトをすると筋肉が回復しきっていない個所を使用してしまうので

注意してください。

動的な作成メニューを意識する

動的な作成メニューも意識してください。

先ほど紹介した大枠に沿って行うことを前提とします。

ただケガやジムにいけない場合もあり、そのようなときに動的なメニューが有効になります。

胸→背中→腕→肩→足

こんな感じで週5でジムに行くとします。

ですが周3でしかジムに行けない場合はこんな感じでジムの内容を変更します。

胸(肩のフロントと三頭筋)→背中(肩の後ろと二頭筋)→足

ジムに行けない場合はこんな感じでメニューを変えます。

書いているとおりですが肩と腕のメニューを胸と背中に織り交ぜます。

このメニューはメリットやデメリットも当然あります。

メリット

このメニューのメリットはある程度のアクシデント対応できます。

ジムに行く回数が少なくても問題ないですね。

デメリット

子のデメリットを紹介します。

負荷が多少少なくなったり、ジムの時間が普段より長くなってしまうのがデメリットかなと思います。

まあ週5で行うものを週3で行っているから当然ですね。

1週間に5回、筋トレを行うコツ

一週間に5回も筋トレを行うコツを紹介します。

コツは種目によっての時間設定を設ける事!

私の場合は

腕とかなら30分程度で終わることができます。

肩なら40分程度。

種目によっては時間設定を設けることが私は重要かなと思います。

背中と胸なら1時間以内に行ってメリハリをつけることが重要です。

あとはジムまでの距離ですね。

まとめ

まとめ

今回のまとめです。

一週間の筋トレメニューについてまとめました。

皆さんの参考になれば幸いです。

筋トレ初心者が早く体が大きくなる方法を紹介

筋トレを1ヶ月休んでも大丈夫なのか?