エンジニアの職業訓練校を通ってみて授業内容や就職状況は?

こんにちは管理人(@vip___p)です。

今回はプログラミングの職業訓練校についてです。

私は最近まで職業訓練学校に通っていました。

何の勉強をしていたのかというとプログラミングの学習。

(HTML/CSS/Javascript/JQuery/PHP/JAVA)

在籍している方の就職状況・割合や授業内容などについて触れていきます。

下記のような方は是非参考にしてください。

  • 職業訓練校について興味がある方
  • プログラミングの訓練に興味がある方

職業訓練校とは?

kunren

失業中の人が再就職するための公共職業訓練です。

国や自治体など主となり運営しています。

受講料は無料

条件を満たせば補助金などを受けることがあります。

私の訓練学校の内容

私の訓練学校の内容について触れていきます。

内容はざっくり触れていきます。

科目 時間 内容
html/css/ 約100時間 レスポンシブ・データ構造・ホームページ作成・SEO対策・
JavaScript 約40時間 文字配列・配列操作・オブジェクト指向・jQuery・DOM操作・ajax
MYSQL 約50時間 データベース問い合わせ・並び替え・データベース管理・サーバ管理
PHP 約80時間 関数・セッション管理・動的画面作成・javaとの連携・サイト作成
java 約120時間 文字配列・関数・クラス定義・開発ツール
ワードプレス 約25時間 インストール・投稿固定ページ・プラグイン導入
開発実習 約60時間 アプリ作成
座学 約20時間 コンピューター概論
就職支援 約20時間 履歴書・職務経歴書の作成・面接指導

 

訓練総時間は630時間。

実技は580時間。

訓練は6か月間です。

10時から17時までが学校です。

進行具合は少し遅いです。

理由としては年齢が様々な方が来ており、20代から50代までいました。

初歩的なスペルミスなどでエラーがタラその都度授業が止まるからです。

できる人などは少し退屈かもしれませんが、時間が余っているときは自身の作品制作などを行っていました。

人数は20人程度。

授業内容は?

gakkou

授業内容は基本的な内容について触れていきます。

できない人に合わせていくので先ほど言ったように進行度は遅いです。

人数が多いとなおさら遅いかもしれません。

内容については基本的なことばかりです。

応用はあまり数をこなすことが出来なかったので不安な方は講師の方に相談していました。

就職の割合は?

ほとんどの方が就職をしていました。

ですが客先常駐が多かったです。

自社サービスなどはあまり受かっていない印象でした。

エンジニア以外にもwebデザイナーなどweb業界に転職する方がやはり多かったです。

中にはweb関係以外の仕事についていた人もいます。

また何人かは仕事が決まっていない方がいるようです。

訓練校を選ぶにあたっての注意点

注意

職業訓練を選ぶにあたっての注意点をまとめています。

興味がある方は是非参考にしてください。

資格を見てみよう

資格一覧のところを見てみましょう。

その講義を終了後にどのくらいの資格を受講できるかが目安になります。

実際にどのような内容をするか不安に思う方は目を通したほうが良いでしょう。

何にどのくらい時間をおいているのかが重要になります。

目を通すようにしときましょう。

私の場合は下記の通りでした。

  • java能力認定試験1級
  • webクリエイター能力認定試験上級

重要なのは自発性

正直訓練校の内容だけではいきなり実践なんて絶対行きません。

必要なのは自発性です。

学校ではHTML/CSS/Javascript/JQuery/SQL/PHP/JAVAなどを学習していました。

基本的な部分ばかりですね。

私は別でBootstrap/React/node.js等を学習していました。

自宅でどのような学習をするのかが重要になってきます。

アウトプットなどの作品制作をするなど。

訓練校で学習しているのであればUdemyなどで少し上級な講座も学習してみてもよいと思います。

自宅で開発環境を整えることはできていることやプログラミング講師が学校にいるので疑問に思うことは質問できる環境もあります。

この期間にかなり成長できる人もいました。

どのような学習をするかにより変化するので皆さんも頑張ってください。

まとめ

まとめ

職業訓練校についてまとめました。

進行状況や就職状況などをまとめましたがどうでしょうか?

皆さんの参考になれば幸いです。