工事現場の人間が長袖を着る理由

2020-01-16

こんにちは@vip___pです。

工事現場の人間が長袖を着る理由を知っていますか?

夏場で暑そうなのに半袖を着ている人は見たことありませんよね。

今回は現場の人間が長袖を着る理由を紹介しています。

興味がある方は是非参考にしてください。

工事現場の人間が長袖を着る理由

工事現場の人間が長袖を着る理由を紹介しています。

興味がある方は是非参考にしてください。

怪我の予防

怪我の予防です。

工事現場では小さなことでも怪我に繋がります。

建築資材で簡単に切れたり、溶接の火花などでやけどをしたりしてしまいます。

簡単にけがをしやすい環境なのでけが予防のために長袖を着用する必要があります。

バイクに乗る人が長袖を着る理由と同じですね。

人によっては刺青を入れている為長袖を着てそうな方も大勢いますね。

熱中症・日焼け対策

熱中症対策のため長袖を着用しています。

長袖だと逆に熱中症対策にならないと思う方も大勢いると思います。

しかし長時間半袖で直射日光を浴びているとかなり体力を消耗して翌日には熱中症なんてことも多々あります。

また1日中外での作業を行っていると日焼けもしていますので、その予防もかねて長袖を利用しています。

隠したいものがある

人によっては、肌を露出できな理由もあるでしょう。

現場によっては半袖でも大丈夫なところもあります。

ですがそのような現場でも長袖を着ている方もいます。

 

アームカバーを使用している方も大勢いる

アームカバーを使用している方も大勢います。

半袖の上に腕だけアームカバーを使用することでかなり動きやすくなっています。

ストレッチが効く素材なのが理由ですね。

長袖だと汗をかいていると腕につっかえることがあり私はストレスを感じます。

また汗をかいているときに風が来ると夏場でもかなり涼しく感じます。

扇風機付近や外で作業している方にはかなりおすすめできますね。

昼食の際には簡単に取り外すことができ半袖に簡単になることが出来るので非常に便利です。

多くの理由で支持されていますね。

まとめ

現場仕事の人間が長袖を着る理由としては

けが防止・熱中症対策

が主な理由でしょう。