社会人は自分の時間を作ろう 時間を買う自己投資とは?

2019-10-24

 

時間を買う感覚って聞いたことがありますか?

大学を卒業してから私は社会人になり一番に感じたことが自分の時間が無いということです。

社会人って大変ですね。

残業が多いのと休日出勤当たり前の会社だったので特に痛感しました。

今回は社会人の方が時間に余裕があるようにするにはどのようにしたらよいのか、また時間を買う感覚とはどのようなものなのかを紹介していきます。時間に余裕やない方や興味がある方は是非参考にしてください。

時間をを作ることが重要

時間を作るとはどのような感覚なのかを順を追って説明していきます。

このまま5年10年と過ごしていくと悲惨なことになります。

趣味や自己投資に充てる時間も必要ですね。

時間がない人の特徴

まずは時間がない人の特徴からです。

残業が多い休日出勤当たり前の会社だと時間がないと思います。

そのほかに考えられるのが、彼女がいて同棲をしている方や、結婚している方なども当てはまることがあると思います。

ちなみに私の場合は、学生の時実家で生活をしていましたが社会人になると同時に彼女と同棲をしてます。

例えば、19時に仕事が終わるとすると、

 

  • 通勤時間 30分から1時間
  • 食事 30分程度
  • 洗濯 10分

 

などに時間を使っていますね。

これ全てこなそうとすると、すぐに1日が終わってします。

毎日がこの生活をしていると自分の時間なんてあるわけがない!

この時間から趣味勉学に励むことは尚更、厳しいかなと思います。

正直睡眠時間を削ることしか想像できません。(‘Д’)

正直社会人って鬼畜すぎる。

ではどのように自分の時間を作るのかを今回はお話していきたいと思います。

 

自分の時間を買う感覚とは

  • 会社の近くに住む
  • 夕食は作らない
  • 洗い物は食洗器
  • 洗濯は全自動
  • 掃除はルンバ

などが時間を買うに当てはまると思います。

順を追って説明していきます。

会社の近くに住む

会社の近くに住むは一番重要だと思います。

大概の人は、最低仕事は週に日はありますよね。

休日出勤などすれば週6日

片道往復1時間だとしても最低5時間は時間を確保することができます。

皆さんの通勤手段としては、車通勤、電車通勤の人などに分かれますが

電車通勤はなかなか憂鬱だと思います。戦場並みのストレスなどと言われていますね。

電車通勤を行っていると時間の使い方なんて音楽を聴くかスマホをいじるかですね。

この時間は本当にもったいないです。

私は人混みが苦手なので苦痛でしかなかったです。

御堂筋線なんか朝えらいことなってますよね(笑)

もう入れないのに無理やり人が入ってくるし。

痴漢とか言われたら怖いし

なので電車通勤などが到底、続かないので今では自転車で数分のところに住んでいます。いました。

まあそう考えたら職場の近くに住むのも良いですよ!

一人暮らしを考えている方は、会社の近くのほうがやはり良いですよね。

夕食はつくらない

夕食は作らないと書いていますが亭主関白になれと言っているわけではありません。

5分10分程度で作れる夕食なら大丈夫ですが時間をかけて夕食を作る必要はないと思います。

夕食は毎日作ることは慣れていないと大変ですよね。

夕食を作る時間と洗い物の時間を考えるとやはり時間かかります。

ですので時間がないときは、スーパーやお弁当屋(ほか弁)さんなどはお手頃の価格なのでたまには良いかなと思います。

時間がないことが続くときは、あえて自分から時間を作ると考えお弁当などを購入することもありだと思います。

洗い物は食洗器

洗い物の時間も考えたらなかなか面倒だと思います。

家族や彼女ができたら洗い物をする時間も増えていきますね。

男性は家事を手伝わない人結構多く喧嘩の原因になります。

彼女や奥さんと共働きなら手伝わないと不公平ですよね

自分は手伝わないと鉄拳が飛んでくるのでわりかし手伝いますが。

女性が家事をして当たり前とか言うたら反感しか食らわないんで

ボーナスとか分割でも食洗器は買いましょう。

最近では共働きが主流なので、家事手伝わない男とか女性の方は不満がたまりますよね。

旦那さんに奥さん養える収入があれば別ですが、厳しい方も多いはず。

多くの男性は洗い物をしないので必要性を感じないかもしれませんが、毎日の洗い物ってなかなか大変ですよ。

なので少し値段はしますが、洗い物の時間を買っていると思うことと、

奥さんや彼女と少しでも円満に行くためにも購入することを検討してみてはいかがですか。

わたしなりの時間を買う方法をいくつか紹介しましたが、

少し物の見方を変化することで普段と違う買い物になるかもしれません。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村