矯正器具を付けるとかみ合わせが悪くなる?

2019-09-06

矯正をしている時、かみ合わせが悪くなったと感じる事があるかもしれません。

私も食事中にかみ合わせが悪いた感じ、しっかり奥歯で噛むことができてないと感じたことがありました。

かみ合わせがずれるとかなりストレスを感じると思います。

普通は奥歯と奥歯で噛まない事なんてありませんよね。

装置はつける前まではそんな事ありませんでした。

もしかして失敗しているのかもしれないと疑問に感じることがありました。

今回は矯正をしていると、かみ合わせが悪くなるとどのような影響があるのかをまとめました。

私が矯正をして後悔した時の事を下記リンクでまとめました。是非参考にして下さい。

歯列矯正をしなければよかった!と思った時

矯正中かみ合わせが悪いとどのような影響が起こるか。

私な場合はかみ合わせが悪いとどのような影響があるのかを確認していきます。

 

ダメ男

ダメ男

大好きな食事中にストレスを感じる。矯正なんてしなければ良かった。

 

このように思う方も多いと思います。

私も装置を付けた頃同じ考えでした。

最初の頃は抜歯をしているので、特に歯の動きが大きくかみ合わせが合わず食事中に特にストレスを感じることがありました。

期間でいうとざっくりですが半年間くらいです。

しかし今では歯の動きも当初に比べれば少なくそこまでストレスを感じる事はありません。

これは私の場合は、しっかり歯を動かし矯正を行えてる証拠ですね。

 

 

かみ合わせが悪くなる原因は?

 

噛み合わせが悪くなる原因をまとめます。

●正中があっていない

これは上の歯の中心としたのはの中心があっていない事です。

当然この中央線があっていないと歯並び外れていることになります。

治療の中ずれることがあるのでそこは仕方がないですね。

 

 

まとめ

矯正中にかみ合わせが悪くなる事は多々あります。

特に装置を付け始めは多いはずです。

 

もし不安があるのなら担当の方に聞いてみるのが良いですね。

また食事をとる事が別に感じる方もいると思います。

このような時は気分転換にあまり顎を使わない料理を食べてみてはいかがですか?

 


人気ブログランキング