多くの方が歯列矯正を諦める理由をまとめてみました。

2019-08-25

 

歯列矯正を行なっている方の多くは

●歯並び(出っ歯・すきっ歯等)

●顔の歪み

●ガミースマイル

このように口元に対して何かしらコンプレックスを持っている方だと思います。

私自身もそうでした。

 

しかし歯列矯正を諦める方も多いと思います。

今回はどのような理由で歯列矯正を諦めるのかをまとめていきます。

 

 

歯列矯正を行うことによる変化

●歯並びが綺麗で印象が良くなります

●噛み合わせが良くなり健康的になります

●歯並びが良く虫歯や歯周病になるリスクが減ります

 

 

 

歯列矯正を諦める理由

 

歯列矯正を始めようかと考えていても、諦める方も多いと思います。

どのような理由で諦めるのか確認していきましょう。

 

 

 

高額な費用

 

やはり金額が高価になるので、踏みとどまってしまう方も多いと思います。

おおよその金額ですが装置だけでも60万円程度はかかりマウスピースなどの矯正だと120万程度かかります。

そこから毎月の調整料(5000円程度)なども考えるとどうしても費用がかさみます。

高額な自己投資ですね。

 

以前の記事で詳しく費用についてまとめたので参考までにご覧ください。

 

 

 

 

期間が長い

 

歯を動かしているので期間はどうしても長くなります。

私自身の説明では

●矯正装置 2〜3年

●固定(マウスピースのような物) 3年程度

最低でも5年はかかると言う説明でした。

 

正直長いですよね。

矯正装置を好きな方なんて滅多にいないと思います。

その装置を長期間つける事に対してストレスを感じる方も多いと思います。

 

また学生ならともかく転勤の多い方は同じ歯医者に通う事が難しく断念する事もありますね。

もし途中で断念することになったとしたら高額な費用が無駄になるのでなかなか決断できないと思います。

この長期間装置をつける事が原因で断念する方も多いと思います。

 

 

 

見た目

矯正装置にもよりますがやはり装置をつけている見た目が気になると思います。

銀色の歯の表面に付ける装置だとどうしても目立ってしまいます。

ワイヤーが白色のもあるのでその分目立つ事はないですよ。

 

この目立つ矯正装置を長期間つける事が嫌な方も多く断念すると思います。

 

 

 

 

抜歯・虫歯

 

歯列矯正を始める前の段階で抜歯を行う方も多いと思います。

まずは健康な歯を抜歯する事に抵抗を持つ方も当然います。私もそうでした。

 

抜歯をした後に虫歯に対するリスクが増えます。

これは抜歯をした後に隙間ができその隙間を歯を動かして埋めていきますが、その期間に虫歯になる方が多いようです。

矯正装置を付けていると歯磨きが最初のうちはかなり面倒で時間がかかってしまいます。

 

装置がワイヤーの場合ワイヤーと歯茎の間に部分を綺麗に磨けていないと歯周病のリスクが高まります。

このような原因で歯列矯正を断念してしまう方もいるかも知れません。

 

下記では歯列矯正のブラッシングの方法をまとめています。

 

 

まとめ

 

今回歯列矯正を諦める理由をまとめてみました。

多くの方はまとめたデメリットがかなり重要になり諦めてしまいます。

 

確かに歯列矯正は確かに歯並びメリットもあります。

もし悩んでいる方がいるのであれば歯医者に相談するのもアリだと思います。

悩みの原因を正確な知る事も大事ですね。

今一度自分自身のライフスタイルや歯列矯正に対するリターンを考えてみてはいかがですか?

 

 

 


人気ブログランキング