エックスサーバーの申し込み方法をわかりやすくまとめてみた。初心者必見!

2019-10-23

 

このページではエックスサーバーでの申し込み方法を紹介します。
ワードプレス でブログを作るには独自ドメインを取得しレンタルサーバーを契約する必要があります。

 

レンタルサーバーを借りるところは、たくさんあります。
またそれぞれの特徴がありますが今回紹介するのは私も使用しているエックスサーバーす。

 

コストや安定性やまた使い勝手がいいのがおすすめです。
また困った時のサポートがあるのが初心者にはおすすめです。

エックスサーバーの申し込み方法をまとめてみました。

では早速始めていきましょう。

エックスサーバー申し込み手順

まずはサーバーに申し込み以下のリンクをクリックします。

エックスサーバー



右にある「申し込み」のオレンジボタンをクリックします。

次のページで「サーバー新規申し込み(無料お試し10日間)」をクリックします。

 

 

申し込みフォーム

1.好きなIDを決めます。

特に何かに利用するわけでもないので適当に選んで大丈夫です。
メールアドレスみたいに先に登録されているものは利用できないので注意してください。

次にプランを選択します。初心者の方はコスト的にも容量的にも「x10」で大丈夫だと思います。

内容としましては

x10(スタンダード)
x20(プレミアム)
x30(プロ)

最初はコストや容量的にもx10で問題ないですよ。

もしも不安になっている方もいるかと思いますので説明しますが、
プランは後から変更できますので悩む必要はありません。

 

3.メールアドレスを記載

メールには重要な連絡が来るので必ず確認できるものにしましょう。

 

4.必要事項を記載して最後に「利用規約」に同意にチェックを入れます。
そして、オレンジ色の「申し込み内容の確認」をクリックします。

 

確認画面に移行します。

オレンジボタンの申し込みをクリック

 

 

必要事項を確認し、プラン内容もx10であるか確認しましょう。
申し込み内容の確認」をクリックし内容に問題がなければ、「お申し込みをする」をクリックしてください。

ここまでで申し込みが完了しました。

 


 

完了したらすぐにメールが届きます。
大事なメールなので必ず確認し、紛失しないよ保存してください。
メールで届いたユーザーアカウント情報の会員IDと、パスワードをxサーバーログイン時に使用してください。

 

xサーバー インフォパネルに移行します。

サーバーパネルインフォパネルは違います。
インフォパネルは料金の支払いや登録情報の確認や変更などの管理画面です。
サーバーパネルはワードプレスの設定やドメインの登録などの管理画面です。
日頃使うのはサーバーパネルのほうが使用することが多いです。
この程度の認識で大丈夫です。

 

登録して10日間は、「お試し期間」の為ドメインの設定ができません。
お試し期間で特に問題がなさそうなら
独自ドメインを使用するためにも「お試し期間」の間に支払いを済ませましょう。

ちなみに早めに支払いをしても10日間のお試し期間が無くなることはないので安心してください。

 

xサーバーではお得なキャンペーン

お得なキャンペーンが不定期であります。
ドメインプレゼントのキャンペーン
サーバー初期費用半額キャンペーン
オプション独自SSL半額キャンペーン
プレゼントドメイン

などのキャンペーンがあり、プレゼントドメインではドメインが1つもらえ年間の更新料も無料無料になるのでかなりお得です。

 

支払方法はクレジットカードに使用しよう!

支払方法は

 

クレジットカード
銀行振込
コンビニ払い

 

クレジットカードの利用だとお得で楽です。

自動更新の設定ができ毎度振り込みをしなくて良いのでかなりお得です。

毎回料金を払う手間が省けて楽になります。
料金の支払いを忘れることもないので安心ですよ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村