歯列矯正でダイエットは可能なのか? 痩せる原因をまとめてみました。

2019年4月8日

歯列矯正をしているだけでダイエットは可能なのか?

このような質問があったので今回は痩せる原因をいくつかまとめてみました。

 

歯列矯正をするだけでダイエットになる?

まずダイエットが目的で歯列矯正をすることはお勧めできません。
なぜなら根本的な解決にはならないからです。

また金銭面、時間から見てもかなり費やすことになると思います。
ダイエット目的で歯列矯正をする方はかなり少ないと思いますが、公開するのでやめておきましょう。

あくまでダイエットが目的なら筋肉量増やし基礎代謝を上げることをお勧めします。
歯列矯正は歯並びを改善することが目的です。

しかし、歯列矯正をすると確かに痩せる理由はいくつかあります。

 

歯列矯正をして痩せる原因は?

 

歯列矯正をして痩せる原因をまとめてみました。
痩せるにはそれなりの理由があるので良ければ参考にしてください。
私自身の経験談も含んでいます。

 

矯正装置の痛みで食欲がなくなる

 

歯列矯正をしていると歯を動かすため痛みで食欲がなくなります。
月に1回、歯を動かすために調整を行いますが、その時は痛いので固いものは食べれなくなります。
その為食欲はあるが痛みのせいで十分な食事がとれず痩せてしまうことはあります。
おなかが減っていても咀嚼自体がつらく歯に小さな衝撃も与えたくありません。(笑)

私も矯正歯科に行きワイヤーを絞めに行ったときに焼肉に行きましたが、大好きなお肉がおいしいのに食べれずとても悲しい思いをしました。
肉が固いとかではなく、咀嚼自体がつらいのでおなかを満たすためにスープや飲み物ばかり飲んでいました。
それくらい痛いんです。

 

ですので、矯正装置の痛みで自然と食事の量が減り痩せる原因となっていました。

普段よく食べる人は尚更痩せると思います。

 

 

 

虫歯の予防のために間食がなくなる

 

歯列矯正をしていると敏感になるのは虫歯。虫歯になるとかなり面倒なんです。
虫歯にならない為にも間食をすることを避け、普段の歯磨きより時間がかかります。
個人差はあると思いますが歯磨きにかける時間は10分から30分程度です。

食事をすると、歯の隙間に食べ物が詰まることやワイヤーに絡まることがあるのでその都度の歯磨きやお手入れが面倒なんです。

30分かけて丁寧に歯を磨いたとしても途中でご飯を食べてしまうとすべて無駄になってしまいます。
そのため間食することを避けるようになります。

 

間食をしないことで必然的に摂取カロリーが低くなり痩せる原因となっています。

 

 

骨を動かし顔がすっきりする

 

私の場合、顎が小さいため歯を抜く必要がありました。
歯列矯正を行う為には、上の歯を4本抜きました。(健康な歯を2本と親知らずを2本)

歯を4本も抜くのってなかなかない経験だと思います。

 

歯並びをよくするために、隙間を作りその隙間を埋めるために歯を動かすことで輪郭がすっきりします。
そのため、輪郭が以前よりすっきりとしました。

周りの人からするとなんだか輪郭がすっきりして痩せた印象を持ってもらえるようになりました。

 

 

まとめ

 

歯列矯正をすることで痩せる原因は確かに痩せる原因はありました。
しかし痩せるといっても私が思いつくのは、かなりつらい原因ばかりでした。

しかも痩せる原因は、あくまで歯並びを改善するためです。

痩せようとして痩せていない人も多くいていると思います。

ですので、ダイエットが目的で歯列矯正を行うならおすすめはしません。
ダイエット目的で歯列矯正を始めてしまうと絶対後悔します。
しかし、歯列矯正を行いながら、ついでにダイエットを行うならそれは良いと思います。

歯列矯正をしていくつか痩せる原因でした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村