歯列矯正中にタバコを吸うとどのような影響があるのかを解説します。

歯列矯正を行っていて煙草を吸うとどのような影響があるのか知っていますか?

煙草は吸わないことに越したことはありませんが禁煙をすることも苦労する方も多いですよね。

もし喫煙者の方が歯列矯正について参考になれば幸いです。

 

実際、歯列矯正の喫煙では何が起こる?

 

歯周病の原因になる

そもそも煙草を吸うことで歯周病になります。

 

ヤニによる着色が問題

歯と矯正装置に色がついたりします。いわゆるヤニです。
しかも。ヤニは歯磨きで汚れが落とすことができず、歯医者にいってクリーニングが必要となります。
一度ヤニがついてしまうと簡単に汚れを落とすことはできません。
矯正中には着色を落とすクリーニングを行うことがほとんどできないため、矯正装置を外した時に矯正装置がついていた部分は白、露出していた部分は黄色と色の違いが目立つかもしれません。
ですので、矯正中に煙草を吸うことはお勧めできません。

 

治療が遅くなる

喫煙によって血行が悪くなるので歯の動きが悪くなる傾向があります。
血行不良により傷口の組織修復が遅れてしまいます。
歯列矯正は歯を動かし土台の骨を動かすことです。これは傷の治療と似ているそうです。。
歯の動きが悪くなり治療が長引く可能性があります。

ちなみに私はあまり実感はありません。

 

虫歯や歯周病のリスクが高まる

煙草を吸うことで口の中が乾きがちになります。つまり唾液が少なくなります。
唾液には殺菌効果もあります。その唾液が少なくなることで、菌が繁殖しやすくなります。

細菌が繁殖することで虫歯や歯周病の発症のリスクが高まります。
矯正装置中は極力、喫煙を避け口の中を清潔に保つことを意識しましょう。

 

口内の煙草の影響は?

 

そもそも喫煙の影響は何があるかご存知ですか?

 

ヤニの汚れ

煙草を吸うと歯の矯正に関係なくヤニで歯が黄色くなりますよね。実際に周りに煙草を吸っている方がいるとしたらかなり黄色くなっていることが多いと思います。ヤニがあるとやはり不潔に見えますよね。笑った時に歯が黄色いのと白いのとでは印象がかなり変わります。
またヤニで黄色くなって白く戻そうとするには、歯医者に行ってクリーニングが必要になるので余計なお金が必要になります。

口臭の原因

煙草を吸うことで口内が乾き唾液が少なくなっています。唾液には殺菌作用があり、唾液が少なくなることは、細菌が増える原因になり、口臭の原因ともなります。

歯列矯正をしていると食後には食べかすが残り、口臭の原因となっている場合があります。
煙草を吸った後も口臭の原因となっています。

煙草を吸うことで更なる口臭の原因になっているかもしれません。

ちなみに、コーヒーを飲んで煙草を吸うとかなり強烈なにおいがしますよね。(笑)

 

まとめ

 

私は禁煙をしていませんが、歯列矯正をする人にはやはり禁煙することをお勧めします。
歯列矯正をすると、口内炎になったり、傷口がふさがりにくくなったり、血行が悪くなったりします。
これらのリスクを考えと禁煙することはやはり良いです。
金銭的にも禁煙することで余裕が生まれると思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村