歯列矯正に必要な歯磨きグッズ3点 よごれを残さない歯磨きの流れは?

 

矯正装置をつけていると慣れるまで苦労する歯のお手入れ(歯磨き、ブラッシング)が大変になります。
私も歯のお手入れが大変で何度も虫歯を作っていました。
しかし、しっかりとした手順で歯磨きを行えば健康な歯を保つことができます。
そこで今回は、自分が愛用しているデンタルケア商品を紹介します。

虫歯にならないためにも重要なデンタルケア用品です。

 


矯正用歯ブラシ

矯正用歯ブラシことワンタフトフロス。

子の歯ブラシは歯を1本毎に丁寧に磨くことができます。
毛先が小さく細かい部分が磨け歯垢を取り除くことができます。
通常の歯ブラシでは汚れが残りがちな部分

親知らず、歯茎の部分

通常の歯ブラシでは、磨くことが困難な部分の汚れを落とすことができます。

 

又は磨き残しが多い歯の奥歯の部分

通常の歯ブラシではこの部分もブラシが届かず汚れが残ってしまいますが
このワンタフトフロスではしっかり汚れを落とすことができます。

このような部分を磨くのに優れています。

矯正の歯医者さんにも置いてあるので、基本矯正をしている人は使っていると思います。
これを使わないとかなり汚れが残っている状態です。

 


歯ブラシの正しい持ち方

多くの人は強く歯を磨き過ぎなので

 

鉛筆の持ち方と同じ方法

細かく動かす

歯茎付近(歯周ポケット)を磨くときは斜めに向ける

 

この3点を注意してもらえれば大丈夫です。
力を入れすぎると歯茎を傷つけて炎症を起こしてしますので注意してください。


デンタルフロス

 

歯間ブラシやワンタフトフロスで取りきれない歯の汚れを取り除きます。

特に歯周ポケットを掃除すること

歯と歯の部分の汚れを落とすことが可能です。

ここの部分はワンタフトブラシでも汚れを落とすことが困難な場所になっています。
ですので、フロスを使ってしっかり残った汚れを取り除くことを意識しましょう。

ちなみに先ほども言いましたが

歯の隙間から虫歯ができる

矯正中は特に歯ブラシや糸ようじなどでは汚れが落としきれない

 

この2つを予防するためにもフロスを使います!

 

歯を動かす矯正では、歯の隙間が必ずできます。矯正用のワンタフトブラシで歯磨きをしてもしっかり汚れを落とすことはできません。なのでこのフロスを使ってしっかり1本1本汚れを落としていきます。

歯の隙間があるができると汚れが溜まりそこから虫歯になるので注意してください。
矯正中の虫歯治療は場合によっては大変面倒になるので虫歯を作らないことを普段の歯磨きで意識しましょう。

歯を1本1本磨くという意識を持ちましょう。

自分もよく虫歯に悩まされていましたが、フロスをしっかり使うことで虫歯を予防できるので非常に重要です。

矯正中のフロスの使い方は歯とワイヤーの間に糸を通して磨いていきます。
そして汚れを1本1本とり除きましょう。

 


歯磨きの流れ

 

私の歯磨きの流れを紹介します。

①デンタルフロスを使用して歯と歯の隙間のよごれをとる

②矯正用の歯ブラシを使用して細かな汚れを取る

③一般的な歯ブラシを使用する

④うがいする

です。一般的には面積の広い歯ブラシから使用しがちですが

この時のポイントはあえて逆の方法で歯磨きをします。

 

①面倒なことからやっていくこと

②あまり磨けない方からやっていくことです。

 

最初からある程度磨いてしまうと、細かな部分が雑になってしまうので細かな汚れを取って最後に面積の広い汚れを取ることが私の歯磨きなポイントです。
最初にブラシの大きい歯磨きを使ってしまうと口内が歯磨き粉で磨けた風になってしまい、もうやらなくなってしまうことが私はよくありました。(笑)
なんで順番を逆にすることで口内も最後にすっきりして歯磨きをさぼることが格段になくなりしっかり磨けます。

 

鏡をパッと見て前歯とかに汚れがあったらさすがに気になりますが
見えない奥歯だと気づかないかも知れないし、後回しになるかもしれませんよね。

なんで面倒なことは先にしてしまいます

今回の矯正の歯磨きで皆さんの参考になれば幸いです。

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA